2018年10月31日

友人M子

ご主人がイサキ釣りに行くことになった友人M子
「明日の夕方、いっぱいイサキをあげるから取りに来て」
私「いっぱい釣れるかわからんやん、釣れるって決まってるの」
M子「去年めちゃくちゃ釣れて困ってん、大丈夫」
私「・・・?」(釣れたのは去年やろ、今年も釣れるとは限らんやろ)と心の声
M子「10人乗りの船に3人しか乗らないから大丈夫、いっぱい釣れる」
私「・・・?」(可笑しいやろ、その計算)と心の声
スジが通っているような、いえ全く通ってない説明をするM子から夕方
「変やねん、あんまり釣れんかった、少ないし小さい」
私(笑)(ぜんぜん変やないよ、ふつう!ふつう!)と心の声
でも想像以上の大きさ、立派なイサキにビックリ
慣れない手つきで三枚におろしたお造りはプリプリで抜群の美味しさでした

/span>DSC_0208.JPG

DSC_0214.JPG


これは以前頂いた鯛を彼がお造り、あら炊き、塩焼きに
DSC_0107.JPG
ありがとうございます、そしてごちそうさまでした

2018年10月14日

何でも屋

今回は旦那さん自慢です
テニスの試合を見に行く目的で実家に帰ることに
いつもは近くの施設にいる母は家に帰るのが何よりの楽しみ
でも認知症の母を一人にするのは不安で、私が出かける時は施設に預かってもらうことにしているのを、彼は可哀そう!その間僕が見てる!と一緒に帰ってくれることになりました
なんと優しい(笑)お惚気@です
そして動き回っている母の為に段差のある4ケ所をバリアフリーにしてくれました
何でも屋の彼にはお茶の子さいさいだとしてもお惚気Aです
とは言っても、すぐに感謝の気持ちを忘れる私はすぐに怒る文句たれです
そんな私ととにかく付き合ってくれる彼はチビでデブで加齢臭のオジンでもすごい!とお惚気Bです
以上❣

DSC_0200.JPG

DSC_0198.JPG

DSC_0197.JPG

DSC_0194.JPG